フェリーチェ船橋 5月第1回練習

<準備体操>
 吸気で肺(肋間筋?)のストレッチと喉の力を抜いて長く発声
<歌集より>
 この道/:浜辺の歌/:浜千鳥/眠りの精/アイルランドの子守歌/ジョスランの子守歌/
<合唱曲>
・おんがくかいのよる:アルト:音取りp2,3,8,9-11,16-18、ソプラノ:通し
 ・p6の歌詞訂正 おんがくを⇒おんがく
・歌のつばさ
<その他>
一人見学の方が見えました。遠慮してずっと部屋の外で聞いていたとの事で練習後に入ってらして。
せっかくなので、おまけで、ふるさとをみんなで歌いました。入会下さるといいですね。
<先生のアドバイス>
 ・曲中の高音ー低音ー高音の時、低音部分も高音の姿勢を保って発声しましょう。
・高音(ex.に(ni))は、子音をしゃくらず正しい音程でハミングのnから母音iに移るようにするときれいな発声に。
・高音では声帯が引っ張られてまいす。高いファ以上は後ろからも声帯を引く感じ。
 反った姿勢で出す方もいます。
・p35 921小節の演奏 ズン、ジャーンを聞いてから「ぼくらのー」覚えましょう.飛び出し注意!!
・「歌のつばさ」は3拍子を意識して歌いましょう。
<今日の感想>
・発声のしくみを知って練習したら、自然に高音が出せるように実践(体得)できるでしょうか。
・とにかく,教えて頂いたヒントで毎回少しずつでも声が出るようになったら楽しいですね。
 ・高音でのイ行,エ行の声は出難いです。「おんがくかいのよる」の高音の「ひびけー」
・「おんがくかいのよる」のAhーのコーラスの音程がとれるか心配です。
  前奏の続きで音が採れるようになると安心ですが・  
  Kからもテンポが変わるし高いしで、まだまだ伴奏に遅れます. 復習せねば!
・今日は音大声楽家の受験裏話,授業科目の話なども伺いました。
 もしや私たちに目指せと・・。な訳ないですね。