音痴の治し方

前述の記事で使いましたが、このヘルツの音は何かというと、

演奏会時にオーケストラがラの音で合わせる事が多いヘルツ数です。。

 

この音の一オクターブしたのラは、221ヘルツ、その更にしたは110ヘルツ前後と、

オクターブ事に倍に倍に変わっていくの周波数の決まり事です。

周波数に関しては、昔から様々な研究や、主張が行われてきました。

 

 

528ヘルツは、人のDNAを修復すると主張する研究者もいて
528ヘルツは、ヒーリング系が好きな方にとってはキーワードのヘルツとなっています。

今は、440ヘルツが国際基準ですが、

戦前は432ヘルツが、ラの音として一般的でした。

 

ナチスドイツにおいて、440ヘルツは、人に悪影響を及ぼすヘルツであるという研究などがあったうえで、
ゲッペルスによって、ドイツのオーケストラのAの基準音は440ヘルツとすると宣言されたのは、有名です。


基準周波数の論争は、昔からありましたが、周波数が意識されたのは1859年以降という事ですが、

そのむかし、ヴェルデイなどもA=432ヘルツを主張していました。
432ヘルツは、生命や、宇宙と全てと共鳴する音である・・とアイシュンタインなども述べたとか


戦後は、周波数を高くする傾向があります。

 

カラヤンによって行われたA=446ヘルツは、研究者に衝撃を与えました(笑)
最近は、上がりすぎた周波数を修正しようという向きがあります。

 

ちなみに、殺人的な音程で歌われる「魔笛」の夜の女王のアリアで有名な、
モーツアルトの時代の調弦は、421ヘルツだったそうです。

440ヘルツの場合の ソシャープは415ヘルツなので、ほぼ半音低い世界にモーツアルトはいたといえます。

下記の動画は、モーツアルトの使っていた楽器の音程です。


音楽でなくてもこの周波数、
高齢者に聞き取り安い周波数や、営業時に効果の出やすい周波数などの研究本も見たことがあります♪


さ、ここまでの記事で周波数に興味を持っていただけたら嬉しいな~と思うし、
様々な研究本や、啓発本があるので、違った世界が開けるのではないかと思います。

さて、タイトルの音痴の治し方ですが(笑)
これはまず、自分がどの程度の周波数の音を出しているか認識するのが早道だと思います。

 

音楽における女性の真ん中の音は、440ヘルツのラ
音楽における男性の真ん中の音は、220ヘルツのラです。

ちなみに話し声の周波数としては


男性→60~260Hz

女性→120~520Hz


の中で収まるそうです。

周波数の測定には、チューナーという機材を使えば一目瞭然です。

市販のものでは3000円程度から市販されていますが、
スマホをお持ちの方は、無料で入手する事もできます。

この画像は、チューナー & メトロノーム (チューニング・メーターというアプリで、私がラの音を出した時の音です。
左が、110ヘルツ 真ん中が221ヘルツ、右が442ヘルツ

真ん中の上の方に、薄字で ラ:221Hzといった具合に表示されます 画像を拡大すると見えると思います。


下側は、音程のブレの波形ですが、
私の場合、低いラを出すのに苦戦したのは、波形を見てもわかるとおりですね(笑)

声楽は、これがピタッとした音程ではなくて、倍音を生む発声を行うので、
こういう波形がピタッするのがいいのか、悪いのかというのはありますが、
それでも、その音が本当にその音近辺なのかを視覚的に知る事ができます。

(途中基準を440と442と変えて遊んでいた形跡見る事が出来ますが)

まずいわゆる症状として多いのは、
ラの音を聞いて、ラの音をだしているつもりでも、実際はそれよりも低い音を出してしまっている場合です。

ラのつもりが、実際にはソとかミとか・・って方は多いです。

この場合、幼少期から、音痴だ!!と言われた経験がある方も多いと思います。

入ってくる音と、認識がずれてしまった状態を感覚的に正常だと認知している状態です。
理由は、様々あるのではないかと思いますが、老若男女、確率的に100人に一人くらいはいる感じがします。

他人に指摘をされても、自覚としては同じ音であるという認識のため、修正できませんが、
自分の認識がずれてしまっている事を、機械を使って客観的に認識する事で、修正しやすくなります。



これは同じ階名の音ですが一オクターブ違う周波数です。

女性は左側の440ヘルツ、男性なら右側の220ヘルツを聞いてみて、声を出してみて、
チューナーにそれぞれと同じヘルツが表示されるか重要です。

前述のような”音痴”の方は、チューナーには、同じ周波数の音ではなくて、違う音が表示されると思います。

これが、ちょうど真ん中のラ、
つまり、ト音記号で表示される歌の楽譜のラ、下記の画像の音符が指定したい音の高さです。


220ヘルツのラを出せという指示なのに違いがわからずに110ヘルツを出してしまう方がいます。

この場合、低すぎて声が出ない箇所が曲の中に現れます。

 

 


ちょと興味をもった方は、ぜひ下記のボタンからダウンロードして使ってみてください。
アプリ利用中に、左画のように広告が表示される事はありますが、無料で入手・利用できます。
(今のところ、不都合も発生していません)

ちなみに、私もたまーに使いながら練習してみたりします(笑)



音痴と、発声が悪くて不快な声に聞こえる声で音痴といわれる事とは分けて考えます
最悪、ぱっときいて不快な声でも音程が表示どおりに発音できるのであれば、良く聞こえてきたりもします。