フェリーチェさいたま

続きを読む

フェリーチェ船橋 9月第2回練習

<歌曲集から>
・荒城の月 浜辺の歌 小諸なる湖上のほとり ロックローモンド
<合唱曲>
・天までとどけ:Altの練習。合唱
・瑠璃色の地球:3パートに分かれて合唱!?
<先生のアドバイス>
・発声  :ブリッジで歌うと強く響く声が出ます。背筋も使って歌えるとよいですね。
・浜辺の歌:「くものさま」ののようにカ行の高い音も母音「うー」でのばすと声が出しやすいです。「かえす波」のは「あー」。
・小諸なる湖上のほとり:誰も知らない曲(‥ただ一人ご存知の方がいました)
・天までとどけ:さだまさしさんの曲は、歌詞が前拍始まりなのが特徴です。
  休符までのフレーズをなめらかに、次のフレーズに手渡すように歌うといいですね。
  「そんな気」が「損な気」ならないように。を丁寧に歌いましょう
  「舞い上がれ〜」からは4小節1フレーズで
・瑠璃色の地球;
  「あなたがそこに〜」のあなたを大切に歌いましょう。「が」は nがで口は閉じずに
  「あさひが〜」は口を上に開くように。下あごをぱくぱくでなく。
<感想>
・天までとどけ:アルトの「舞い上がれ〜」のの音がとりにくく迷子になりやすい。
        アルトの「ようこそ、このあいへ〜」もがとり難く合唱になるとメロディーも正しいか?
・瑠璃色の地球:Ms、Altの Uhの 出だしの音 は合唱になるととり難い。コツは? 耳慣れるまで聴く?
        Ms、Altの通しての正しいメロディーがまだ耳慣れないので覚えたい
        アルトを歌うとソプラノの「あさひが〜」の音階を「さ」で上がり忘れる〜。
 3パート1人では、音域広い〜。 1パート完全に覚えてハモれてから、他のパートにトライしたい!

 

0 コメント

フェリーチェ船橋 8月第2回練習

<歌曲集から>
・椰子の実 さとうきび畑 未来へ お嫁においで 瀬戸の花嫁 春の日の花と輝く 
<合唱曲>
・天までとどけ:Altの練習。合唱
・瑠璃色の地球:4,5,6pのM.sopとAlt。合唱
<先生のアドバイス>
・お嫁においで:(♭)ヘ長調=1音(ファ)と5音(ド)を意識して歌ってみましょう。例えば歌詞の「しあわせ」「きみ」のドにアクセントをおくといいです。
・瀬戸の花嫁:(♭♭)変ロ長調=1音(シ)と5音(ファ)。
 「せとはーひぐれてーうなみ‥あなのしまへ‥わかいとー‥」
・春の日の花と輝く:(♭)ヘ長調=1音(ファ)と5音(ド)
 「わがこころはかわるひなく、」は1息で(1フレーズ)歌ってブレス。
 高音から音程が降りてくるときも姿勢はキープして!
・天までとどけ:Altの「そんなきがする」の出だしは、拍を数えて。
・瑠璃色の地球;2小節づつのフレーズで歌いましょう。
 「ふたりーを」は「たり」を強くしない。
<感想>
・天までとどけ:「ようこそー」は、Ten.と同じレミでなくレファだった。
 「ようこそこのあいーへ」はソプラノにハモって音がとれるようになりたいですが、今はソプラノ聞かないようしないと‥。
・瑠璃色の地球:M.Sopの音取りが難しい。合唱になるとソプラノにつられ山勘で音痴になります。
 Dからの、ソプラノとハモって上がって行く箇所のメロディーは特に怪しいです。
・まだM.Sopのメロディーが不正確で、他のパートの練習は消化不良で混乱してます。
0 コメント

フェリーチェ船橋 8月第1回練習

<7/1のコンサートの感想>
・舞台で5重奏を間近に聞いて先生方といっしょに歌えるのは貴重な有り難い体験でした。
・聞く程にすてきな曲です。
 「月の彼方に」のメロディーは忘れられない旋律になりました。ねずみに同感!
・音楽会の最後、舞台下で客席に向かって歌っていたのも「よかった」と感想をいただきました。
・子どもたちにも楽しんもらえました。
<歌曲集から>
・花火 海 われは海の子 花かげ 椰子の実 赤い花白い花 埴生の宿 久しき昔
<合唱曲>
・天までとどけ・瑠璃色の地球:まず主旋律
<先生のアドバイス>
・かわいらしく、頭(顔)の上半分を意識して(に響かせて?)歌いましょう。
・天までとどけ:知っている方は少なかったですが、さだまさしの一番人気の合唱曲です。
 「そんなきがする」の「そん」は4拍目からです。出そびれないように数えましょう。
・瑠璃色の地球;松田聖子の大賞受賞曲です。歌いだしは、♪♪ではなく♪♬のリズムです。
 (#)ト長調です。「あなたがぽつり」は「あ」(ソ)にアクセント。
 「なやんだ」「てんまで」「ん」は口を閉じずに。「なきがおが」の「が」は息を止めずに「nが」で。
<感想>
・新しい曲が始まりました。どんな合唱になるか楽しみです。
・ソプラノは、やっぱり高い!!
・「おんがくかいのよる」家でCDを何度も聞いてます。カラオケにはまだないですよね!?

 

 

 

0 コメント

フェリーチェ船橋 7月第3回練習

<歌曲集から>
・水でっぽう 花火 海 うみ われは海の子 七つの子 青い目の人形 
 グリンスリーブス 埴生の宿
<合唱曲>
・おんがくかいのよる
・歌のつばさ アルト
  楽譜の記号:tranquillo:穏やかに sempre p ずっとピアノ e = and
<先生のアドバイス>
・おんがくかいのよる:
・歌の翼:
  穏やかに,レガートに唱うときは一息で.ハミングの時ののどで
  歌詞の子音からしゃくらずに唱う
  「い」は口をたてに開いて発音すると,高い音も出しやすい.口を横に開いて「い」はNG
  最後の「くーにへ」は「くぅー」と声を潰さず,おに近い口で「くぉー」と響かせて発声
<感想>
・来週は本番です.
 7/1絵本の朗読コンサートがあまりに素敵だったので,会場近くに住んでいる親戚や友人に,
 ホームページの演奏会の案内のリンクをお知らせしました.
 飯田先生の紹介文のおかげで?,ピアノを習っている姪や友人の娘さんもいっしょに来場いただける
 ことになりました.
 すてきな「おんがくかいのよる」になるよう頑張りましょう。
0 コメント