演奏会の記録


いなふるさとフェスティバル

2月2日


伊奈町公民館主催の音楽講座の発表として

いなふるさとフェステイバルに参加してきました。

経験のある、つまり自ら積極的に歌おうとする
20代 30代中心の合唱グループであれば、
コンクールに参加したり、イベントを企画したりと積極的に行えると思います。

20代 30代と合唱をやってきた40代 50代のグループであれば、
定期演奏会や、定期公演を一つの目的として行うグループも多いと思います。
それでも、60代 70代となると、様々な練習に参加できなくなったり、
大抵のグループは、参加者よりも先生の方が年齢が上のため、
先生が引退したり、他界すると、そういった活動が終了し、
新しいグループに加わったりする事がなくなるという方も多いと思います。


こういった公民館の講座は、平日日中に行われるので平均年齢は70歳前後になります。

もちろん経験のある方も多くいらっしゃいますが、
それでも、
発声指導なんて受けたことがないという方は多いです。

更に、
若い頃はやった事がなかった
始めて歌う
楽譜が苦手
ドレミファソラシドも良くわからない

といった方は多くいます。

フェリーチェでもそうですが、
もう年齢的に声が出づらい!!という事を言う事を理由に、
歌う事や合唱を辞めてしまう方は多いと思います。

ただ、声楽には再現性のある声を出すための技術があるので、
年齢的に、声が出づらかったとしても、技術さえ再現すれば、歌えます。

あるオペラ歌手を例にすると

そりゃ、、、若い頃の方が良いかもしれませんが、

92歳になって、歌えるか、歌えないかというと、

 


この動画をみて、
歌えてない、声が出てない、出にくい・・と思う方はいないようなきがします。

日本人の先生の動画もYOUTUBEにあります
先日98歳で他界された栗本先生が5年前にひらかれたリサイタル動画

と若い頃の録音(昭和22年)


技術を使えば、年齢的に歌えないという事はないという事を証明されている動画だとおもいます。合唱は一人で歌う訳ではないので、こんなにすごい天才ではなくても、音楽という時間を共に過ごし、楽しめる芸術です。年齢的に歌える歌えないではなくて、芸術の時間を過ごしたいか過ごしたくないかにつきます。



人生の時間がある限り、学び始めるのに遅いという事はないと思います。


歌ってこなかった方や、発声指導を受けたことがないという方は、
なおさら・・学んでこなかった事なんですから・・・



今回参加した音楽講座は、フェリーチェの活動ではなく、一昨年はただ歌うだけの講座
今年は発表を目指す講座として、伊奈町の公民館が主催しました。

 

「群青」という小中高生が歌う機会の多い、人気曲を課題としました。

新しい曲というのは、年齢が上の方には難しいに決まっています。

童謡を歌って幼少期を過ごしたか、AKBを歌って幼少期を過ごしているかの差だってあるんですから、そこは知った上で、人気曲を練習するというのは、大切なんじゃないかと考えています。だって、何歳になって、私たちがいるのは2019年なんですから・・2019年にできる事をやらないのは損だと思います。

そして、もっとも難しいのは、人前で何かをするという事です。

ピアノ教室に通う小さい子どもだって、ピアノのレッスンは受けるけど、発表会は絶対にいや!!って子は少なくありません。大人になって、ましてや80歳を過ぎて、初めての事を人前でやるなんてっと、抵抗のある方はたくさんいます。人前で何かをする事の恥ずかしさは、何歳になっても一緒だと思います。



・歌う、歌わない

・知らない曲を歌う
・人前で何かをする

この3っつを、未経験の方が多い中で、どう導いていくかは、
フェリーチェの音楽家にとって一番の課題です。

全ての困難をしっているし、その楽しさも知っているから・・・



練習は、練習という時間です。やり直しがきくし、なんどでも挑戦できます。

 

本番は、やり直しがきかない一回の時間です。練習の楽しさとは別な楽しさが本番にはあります、人を感動させるさせないではなくて、音楽という芸術の時間を過ごすか過ごさないかがまず先に来るように思います。

80過ぎの方も多い中での参加でしたが、

・楽しかった
・あの場で、歌っていられる事が幸せだった

などなどの感想がありましたが、

合唱としての演奏の結果自体も、ある程度まとまりのある演奏ができるようになっていた所に、フェリーチェの音楽家と、近隣で参加している団員が参加したので、思った以上に良い演奏だった気がします。,



終了後、近場の飲食店で食べている、会場で聞いていた方が、
あ、さっき指揮ふってた人でしょ~ すごいよかったわよ~ と声をかけてくださり
きてきて、さっきのひとたち~~~!と 友達をよんできたりという事がありました。

思いのほか、ビックリしていただいた様でした。

音楽家は、自己の演奏活動はもちろん、指導も大切ですが
演奏自体を演奏でサポートするのも、大切な役割なのではないかと思っています。

みなさんで9月から間練習してきた「群青」を歌いました。


終演後、
普段は、ふらふら気味に歩いていた80代の方や、もっと若い方で、音痴だし~ パートなんかわからない~という方も、一列に並んで、等間隔で、満面の笑みですたすたと歩いていたり、80代の方が、せっかく白いブラウスと黒いスカートを作ったから来年も生きて出演しなきゃ~と言われていたのが印象的でした♪

練習は、練習の楽しさがあるので、それだけの参加でもよい!!というのがフェリーチェのスタンスですが、こういうシーンを見ると、本番は、本番の楽しさがあるから、各フェリーチェの方々にも本番に参加したいと思ってもらうような何か方法を見つけていきたいと思いました。

終演後の一枚♪

お疲れ様でした

2018年最後のくりすますのおんがくかい

年最後のイベントが終わりました。


先生方のソロやアンサンブルの演奏、
今回は、メゾソプラノとして、トップクラスといって過言ではない活躍をされている小林由佳さんが、

特別講師的として、遊びに来てくださり、カルメンを歌ってくれました。


コンサートの後は、今年最後の合唱おさらい会
飯田先生が、小林先生に質問してお答えいただくといった形で、
イタリアでの経験や、声を出すうえでのワンポイントや、音楽家としての心意気を皆さんに伝えていただきました。
 

毎年、すこづつですが、

 

音楽や合唱を行うグループとしてよりよくなっているのではないかと思います

 

 

 

合唱団フェリーチェの中のほぼすべてのグループから有志があつまりました。

合唱団フェリーチェ
千葉市内(3グループ)、船橋、本八幡、南柏、柏、
綾瀬、王子、赤羽、大泉学園 江古田、武蔵関、自由ヶ丘、平塚
伊奈町、春日部、さいたま市(2グループ)などなど、

昨年も、同じ場所でおさらい会を行いましたが、
今年は、去年よりも早くに定員いっぱいの参加表明があって、何人か参加できない方がいたそうです

この日は、

 

グループ毎に、中学校・高等学校で歌うような合唱曲や、
そして最後には、みなさんで5か月間練習してきた

東日本大震災関連の合唱曲として有名な「群青」を歌いました。

歌いました。

みなさん大人数で合唱するってすごいな!!、楽しかった~、
初めて会う声楽家の話を聞けるのはうれしい、などなどの感想がありました!

下記は、東京都北区内のグループで伴奏を弾いていただいている齋藤先生の演奏模様です♪
とっても素敵でした 

文化祭に出演

芸術の秋、この土日は各地で文化行事が行われています。

11月10日は、春日部市武里の文化祭に出演してきました。 


We sang at local cultural festival.

各所から希望者があつまり、25歳(?)から86歳の29名 で歌ってきました。

This time, we sang with 29 people from 25 years old to 86 years old.

 

始めて、一般団体として公開演奏を行いました。

80歳から音楽を始めた方も、「こういうの初めてなんだから~」と言いつつ、しっかりと歌いました。

終演後は、聞きに来てくれた、以前から知っている方々から、

「きれいなハーモニーでビックリした」

「こんな難しい事できるんだね」などなどの感想をいただきました。

参加者の感想としては、

・本番は楽しく歌えた

・大勢なので口パクでも大丈夫!(と、今回お休みだった人に次回は出ましょうと誘っていた)

・お客さんが大勢いてよかった。

・中学生が聞いてくれていた、大切なものを知っているようで、そういう曲ができて嬉しい。

・七割の力しか出せなかったので、次は頑張りたい。

・遠足みたいで楽しかった。

・人前で歌うなんて初めての経験だったけど楽しかった。
・舞台の上から歌うのが癖になりそう。

体や、声が衰えていても、やる気があれば、良い音楽を作る側に回れるのが合唱です♪


写真は、
・普段各所で指導にあたる音楽家 music staff
・和室でリハーサル rehearsal
・終演後にパチリ

夏のイベント報告

本は前期のイベントとしての合唱練習会を


6月1日にさいたま市内

7月31日に千葉市内で実施しました。

今回、千葉市内の団員さんを中心に

 

初めて千葉市内での合同の音楽会となりました。


普段とは違って、ホール&大人数での音楽会

皆さんの歌声がとても美しく響きました

 

みなさんまた元気にお会いできるといいですね!

 

6月1日 さいたまにて参加無料の合唱会

合唱団フェリーチェ
3時間前 · 
6月1日金曜日 さいたま芸術劇場
参加費無料の合唱会、参加者募集 13時開始 14時頃まで

演奏予定曲
多田栄一 
合唱組曲「車いすの青春」
筋ジストロフィーの方々が書いた詩集の中から
健常者が読んでも人生を生きていく上で、力となるメッセージを合唱曲として表現した合唱曲です。

一部未演奏の曲が含まれるという事で
以前から作曲家の先生から依頼を受けていました。

他 ヴァイオリン演奏など
多田先生の作曲作品 
(ピアニストは、今回のピアニスト同じピアニストです、)
https://www.youtube.com/watch?v=98m4vH8eAIk

この日の指導や、賛助、演奏は
二期会や、藤原歌劇団や、フリーとして活動する声楽家で
フェリーチェの活動を支える9名の演奏家が行います。

14時から16時まで
今年度前半のまとめ的な意味での、フェリーチェの練習を行います。

各地域の団員から30~50名の方が参加する予定です。

練習曲は、
「いのちのうた」
楽譜は 
https://www.print-gakufu.com/score/detail/63665/

を使用します。
(このほか、発声練習として、誰もがよく知る荒城の月や、夏の唱歌なども歌います)

発声練習などもありますので、
プロ声楽家の指導ってどんなもの?
や、
時間があるから、近くだから行ってみよう!
という方も大歓迎です。

入場料は無料ですが、
人数管理のため、事前申し込みの方のみ、ご入場いただけます。

おんがくかいのよる 4公演目

年初一発目は

フェリーチェとしての千葉市にある若葉文化ホールにて

ポップス冬メドレー

4回目となる「おんがくかいのよる」を演奏してきました。

 

若葉文化ホールには初めていきました。

千城台にあんな立派なホールがあるとは千葉市おそるべし


メンバーは、様々な所から来るので

千葉市名物ぶら下がり型モノレールにテンションあがっていました。

小さい子が多いコンサートだから、にぎやかなところもありましたが、

何回かやっているのですが、おんなじ子が、毎回同じ場所でにぎやかにしているんじゃないかと思うくらい、
音楽の中で、にぎやかになるタイミングが同じ気がしました。

今回は、声楽家中心の出演ですが、
おんがくかいのよるだけ、合唱団全体の中から、ひとりが参加しました。
過去のイベントにすべてに参加している学校の先生をしている方です。

(多分一般参加者としては最年少の方)

すこしづつ様々な可能性を繋ぎながら活動できたら素敵ですね♪

クリスマスのおんがくかい

クリスマスイベント終わりました。

合唱団と声楽家の研究発表をイメージした

身内だけの、クリスマスのおんがくかいでした。


今回は、声楽家の発表としては
ボエームのハイライト

合唱団の、発表としては

武満徹 小さな空 無伴奏四部

さだまさし 天までとどけ 四部

瑠璃色の地球 三部

フォーレレクイエム、サンクトゥス

 

声楽グループは、ともかく

一般の方々は、難しいー、自信なくすー、嫌だーとの声の中での今年後半の練習でしたが、

今日の午前中の練習では、はじめて皆さんの顔つきが、あっ、できるという顔に変わり、

本番では、とても素晴らしい合唱が会場に響きました。


多くの方と共に音楽という時間を過ごしたのはとても幸せでした。


お疲れ様でした。

クリスマス会 

7月28日 サマーコンサート終了

7月28日 サマーコンサートを終えました。

7月1日に引き続き、合唱団フェリーチェとしてのコンサートでした。

合唱団フェリーチェは、プロとして活動する声楽家と一緒に歌える事を魅力の一つとしているのですが、

実際に、お客さんが入った場で、共に歌ったのは初の機会となったのが、この7月の二回の会でした。

「声楽家の先生と歌うなんて無理!」という方も多かったのですが、実際に、舞台で一緒に歌っていただいた方も、

二回合わせて30名以上の方が参加しました。

 

 

一般の方でも、舞台に立ちたいという方は、本当に大歓迎ですし、一人一人が歌えないとしても、

そんな事はあまり問題ではないのが、本来の合唱の魅力の一つではないかと再確認したのが今回のイベントだったように思います。

もちろん、一人一人が、本人の希望があれば、歌いやすくなるようにな懸命の指導を心がけているのが

フェリーチェを教える声楽家のメンバー・・・

 

 上手くなる事や、ならない事よりも、楽しい事が一番大事、

でも、音楽の魅力は、練習する魅力、演奏する魅力、舞台に立つ魅力、演奏を聴く魅力など様々な方向があるので、

どれか一つな方は、少しだけ、全部を好む人に比べて損をしているかもしれません♪

 

 

7月1日も、28日の本番、結果として、フェリーチェの合唱の演奏を聴いて、

聞いてる方は、歌ってる人たちがどうのこうの・・ではなくて、作品として、今回の作品を聞いたであろうと思います。

そして実際の演奏は、作品のもつ世界を再現できていたように思います。

初めて私たちの演奏で、音楽を聞く人たちが多い中、楽しんでくれた、大人や、子供の多かった事・・

 

 

何より、お孫さんを連れ来た団員さんの

小さいお孫さんが、終演後、ご機嫌に帰っていった子が多かった事、中には、メインフレーズを家で練習してきて、

一緒に口ずさんでいるお子さんもいたのは、素晴らしい事だったと思います。

 

 

絵本作家のたしろちさとさんも、作曲家の木村裕さんも 

喜んでいらっしゃいましたよ!

 

さあ、今度はどんな楽しい事ができるか、皆さんと考えていきたいと思います!

弦楽五重奏の写真は、弾き終わったときの写真です

さすがに40分も弾き続けたあとの達成感が出ているシーンかな~とお気に入りです。

今後のイベントでは、カメラマンが撮ってくれるような余裕があるようになると良いですね

みなさんお疲れさまでした

 

アントニオ・クヮルテットの方ありがとうございました!!

またよろしくお願いいたします。

7月28日 ブラームス:ピアノ五重奏曲、木村裕:おんがくかいのよる

■プログラム

 ブラームス:ピアノ五重奏曲全曲

 木村裕  :おんがくかいのよる

■場所: 北とぴあつつじホール

■開場18:30  開演19:00

■入場料 3000円(※児童・学生無料)

■出演

 弦楽 アントニオ・クヮルテット

 ピアノ 加藤識実

 声楽アンサンブル 他

 合唱 フェリーチェ

 朗読 関恵美 

 

 前半は、活躍中の演奏者が

ブラームスの名曲、ピアノ5重奏を全曲演奏します。

弦楽四重奏にピアノを加えた「ピアノ五重奏曲」という形式の楽曲。ブラームスは、作曲に約2年の月日を掛け、

彼の室内楽曲の代表曲として今日も親しまれています。全4楽章で構成され、演奏時間は40分前後の大曲です

 

後半は、5重奏のメンバーに

フェリーチェを指導する活躍中の声楽家と、市民合唱が加わり「おんがくかいのよる」を演奏します。

 

 

おんがくかいのよるについて

http://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=15654&spf=1

たしろちさとさん作の絵本

「おんがくかいのよる」

カエルの演奏会に感動したねずみたち、

自分たちは、歌う事は出来ないけど、楽器の演奏なら出来るんじゃないか!?

と、楽器になりそうな物をさがして演奏会を主催していく物語

 

この物語をもとにして、

作曲家の木村裕さんが、スライド表示と朗読と器楽演奏と合唱演奏という形で表現できるように作曲しました。

絶妙に用いられたライトモチーフが絵本の世界観を引き出しています。

 

昨年11月にフェリーチェの声楽家のみのメンバーにて初演が行われたものを、

7月28日に北とぴあのつつじホールで再演します。

初演の際は、子供も大人も感動しましたと口々にし、

子供向け・・というより

全ての世代が楽しめるようなロマンティックな弦楽器の楽曲と

口ずさみたくなる合唱で表現されています。

 

ピアノ 加藤識実

武蔵野音楽大学及び同大学院修了。第4回日本演奏家コンクール第3位、第15回ヤングアーチストピアノコンクール銀賞等受賞。これまでにソロリサイタル、オーケストラとの共演の他伴奏も多く、N響メンバーとの共演や、二期会ブロック活動等を行う。2013年フルートとピアノの為の「旅人」をCDリリース。郡山女子短大音楽科に勤務後、現在は埼玉在住。

 

アントニオ・クヮルテット

1999年12月に瓜生愛、岡本潤也を中心に松戸市内で結成。現在は、流山市南流山にある『みみミュージック』の講師で編成されている。結成以来、東葛地区を中心に400ヶ所以上で演奏会等を催している。又、2015年4月のアミュゼ柏に於ける創立15周年の7回目の演奏会では大盛況だった。これまでの自主公演では、全て満員御礼が続いている。この地域を代表する屈指の四重奏団として、今後益々の活躍が期待される。

 

 

 

 

7月1日公演終了

千葉市でのコンサートが満席の中で終わりました。

 

合唱指導や助演を行っていただいている声楽家の先生方と、千葉在住の一般団員有志のメンバーです。

学生時代の合唱会以外、演奏会に出演という経験が0の方や、もう後期高齢者だから無理ーという方も多い中、

出演すると言っていた方のなかにも、ドキドキして具合が悪くなってきた方もいらっしゃいました。

ただ、いざ先日のリハーサル、当日の本番を迎えてみると、
みなさんと共に楽しみつつ懸命に演奏できた気がします。

20代から80代すべての世代で編成した27人の少数による合唱団でしたが、
ホール関係者や、アンケートなども合唱はとても好評でした。

今月は、もう一公演ありますが、もう1頑張りです!!

お時間が作れるかたは、

7月28日、京浜東北線の王子駅にある北とぴあのつつじホールにお越しください。
おんがくかいのよるだけではなく、
ブラームスのピアノ五重奏(40分前後)にて、ピアノの加藤識実先生の素敵なピアノが聴けます。

 

 

7月1日 開館10周年記念事業「美浜芸術祭」に出演


「美浜芸術祭」 に出演予定

  華原朋美さんもゲスト出演!

千葉市在住の団員有志を中心にして
先生方との混合合唱団にて、

昨年フェリーチェαで初演に参加した
「おんがくかいのよる」を演奏します。

 

■日時:2017年7月1日(土) 

(6月30日 リハーサル)

■主催:千葉市美浜文化ホール

2017年春の合同練習会

 

■日時:2017年03月22日(木) 10:00〜

■会場:大泉学園ユメリアホール

 

 

 

 

 

 


みんなで歌おうコンサート

 

 歌声コンサート「みんなで歌おうコンサート」

 

■日時:2016年12月15日(土)

 

 ■場所:千葉市美浜文化ホール

■出演:

 歌唱指導:飯田康弘、小林美央、

 ピアノ;加藤識実

 

♬ 合唱団員も客席からハーモニーで参加しました。

 

演奏曲:

♪ トンマーゾ•ジョルダーニ「カーロ•ミオ•ベン」(飯田康弘)

♪ ヘンデル作曲オペラ「アルチーナAlcina」より「帰ってきて,喜ばせて  Tomami a vagheggiar」(小林美央)

♪ ショパン「ワルツ第2番 op34-1変イ長調」(加藤識実)

 全体歌唱:

学生時代,カチューシャ,四季の歌、七つの子、浜辺の歌、川の流れのように

ともしび、静かの湖畔、うさぎとかめ、先の風になって、時代

赤鼻のトナカイ、ジングルベル、聖しこの夜、花は咲く