活動日誌


7月28日 サマーコンサート終了

7月28日 サマーコンサートを終えました。

7月1日に引き続き、合唱団フェリーチェとしてのコンサートでした。

合唱団フェリーチェは、プロとして活動する声楽家と一緒に歌える事を魅力の一つとしているのですが、

実際に、お客さんが入った場で、共に歌ったのは初の機会となったのが、この7月の二回の会でした。

「声楽家の先生と歌うなんて無理!」という方も多かったのですが、実際に、舞台で一緒に歌っていただいた方も、

二回合わせて30名以上の方が参加しました。

 

 

一般の方でも、舞台に立ちたいという方は、本当に大歓迎ですし、一人一人が歌えないとしても、

そんな事はあまり問題ではないのが、本来の合唱の魅力の一つではないかと再確認したのが今回のイベントだったように思います。

もちろん、一人一人が、本人の希望があれば、歌いやすくなるようにな懸命の指導を心がけているのが

フェリーチェを教える声楽家のメンバー・・・

 

 上手くなる事や、ならない事よりも、楽しい事が一番大事、

でも、音楽の魅力は、練習する魅力、演奏する魅力、舞台に立つ魅力、演奏を聴く魅力など様々な方向があるので、

どれか一つな方は、少しだけ、全部を好む人に比べて損をしているかもしれません♪

 

 

7月1日も、28日の本番、結果として、フェリーチェの合唱の演奏を聴いて、

聞いてる方は、歌ってる人たちがどうのこうの・・ではなくて、作品として、今回の作品を聞いたであろうと思います。

そして実際の演奏は、作品のもつ世界を再現できていたように思います。

初めて私たちの演奏で、音楽を聞く人たちが多い中、楽しんでくれた、大人や、子供の多かった事・・

 

 

何より、お孫さんを連れ来た団員さんの

小さいお孫さんが、終演後、ご機嫌に帰っていった子が多かった事、中には、メインフレーズを家で練習してきて、

一緒に口ずさんでいるお子さんもいたのは、素晴らしい事だったと思います。

 

 

絵本作家のたしろちさとさんも、作曲家の木村裕さんも 

喜んでいらっしゃいましたよ!

 

さあ、今度はどんな楽しい事ができるか、皆さんと考えていきたいと思います!

弦楽五重奏の写真は、弾き終わったときの写真です

さすがに40分も弾き続けたあとの達成感が出ているシーンかな~とお気に入りです。

今後のイベントでは、カメラマンが撮ってくれるような余裕があるようになると良いですね

みなさんお疲れさまでした

 

アントニオ・クヮルテットの方ありがとうございました!!

またよろしくお願いいたします。

7月1日公演終了

千葉市でのコンサートが満席の中で終わりました。

 

合唱指導や助演を行っていただいている声楽家の先生方と、千葉在住の一般団員有志のメンバーです。

学生時代の合唱会以外、演奏会に出演という経験が0の方や、もう後期高齢者だから無理ーという方も多い中、

出演すると言っていた方のなかにも、ドキドキして具合が悪くなってきた方もいらっしゃいました。

ただ、いざ先日のリハーサル、当日の本番を迎えてみると、
みなさんと共に楽しみつつ懸命に演奏できた気がします。

20代から80代すべての世代で編成した27人の少数による合唱団でしたが、
ホール関係者や、アンケートなども合唱はとても好評でした。

今月は、もう一公演ありますが、もう1頑張りです!!

お時間が作れるかたは、

7月28日、京浜東北線の王子駅にある北とぴあのつつじホールにお越しください。
おんがくかいのよるだけではなく、
ブラームスのピアノ五重奏(40分前後)にて、ピアノの加藤識実先生の素敵なピアノが聴けます。

 

 

ライトモチーフ

「おんがくかいのよる」の練習が進んでいます。

音楽づくりをしながらの譜読みを終え、月に3回練習しているグループでは、

6月3週目の練習では、この作品についての、簡単な楽曲分析が行われました。

ライトモチーフという言葉を聞いた事があるでしょうか?

wikipedia ライトモチーフ

「独: Leitmotiv )とは、オペラや交響詩などの楽曲中において特定の人物や状況などと結びつけられ、繰り返し使われる短い主題や動機を指す。単純な繰り返しではなく、和声変化や対旋律として加えられるなど変奏・展開されることによって、登場人物の行為や感情、状況の変化などを端的に、あるいは象徴的に示唆するとともに、楽曲に音楽的な統一をもたらしている。示導動機(しどうどうき)とも。」

wikipedia の解説をそのまま引用しましたが、

 

例えば、

物語の人物を象徴する旋律が与えられ、その旋律が現れる事で、

物語の人物が現れなくても、その人物の事だと感じる事ができる音楽づくりの手法の事です。。

 

スターウォーズ

ゴジラや、ジョーズに出てくる象徴的な音楽の存在に似ています。

ジョーズの、ターラッ、ターラッという響きを聞けば

人食いざめだ!!と、認識している人は、世の中に多いのではないでしょうか、古典の楽曲などにはこういった作曲技法は用いらていませんし、合唱曲や、歌謡曲などでも、あまり用いられません。


この「おんがくかいのよる」では、

皆で使っているボーカルスコアの中の音楽の中にも、

いくつかの気持ちや、状況を示唆するモチーフをすぐに見つける事ができます。

絵本を題材とした作品ですので、物語は朗読さえあれば、伝わるのですが、その心情や状況を表す手段として

音楽上のモチーフが出てきます。

 

音楽がなければ、魅力が半減したかもしれない映画はたくさんありますが、

この音楽作品の「おんがくかいのよる」では、音楽が入る事で、絵本や物語の魅力が増しています。

月に2回のグループでも、7月1回目から、この解説が行われるそうです!

 

さあ、7月28日まで、あと一か月、

せっかく出会ったこの作品です。

難しい~、歌えない~、どこだかわからない~だけではなく、

ここが楽しい!!と

 

新作の魅力を、一つでも多く見つける事が楽しいと思う、楽しみ方ができる様に

練習できると素敵だなと思います。

 

 

7月28日のチラシができました

2017年 SUMMER CONCERT

 

6月1週から、みなさんにチラシをお渡ししていく予定です。

合わせて、演奏参加、観覧参加の希望を取ります。

今回は、
ピアノの名曲ブラームス「ピアノ5重奏」を
加藤先生と、弦楽カルテットとして活躍し、昨年のクリスマスコンサートでも

素晴らしい音色を聞かせてくれた アントニオ・クヮルテットの先生方が演奏します。


そしてそのあとは、
「おんがくかいのよる」声楽の先生方と、弦楽とピアノの調べと共に演奏します。


先生方による
古典物のアカペラ演奏もあるとか・・!!

音楽が大好きな方も、普段は生で聞く機会がない方も楽しめる内容になるかと思いますので、

お知り合いの方にご案内ください!!


↓チラシに差し込まれている画像の紹介

続きを読む

ちょっと早い母の日のプレゼント?

GWが終わり、もう真夏の様に暑い日でした。

私たちの合唱には、人数は少ないのですが男性団員もいます。

もっと人数が増えれば、混声4部の曲なども練習曲としてできるのですが、同声2部や、3部合唱の曲を手分けして練習しています。

今日は、そんな貴重な男性団員の方が、
母の日のプレゼント!という事で、
写真のような着物をモチーフにした折り紙を
折ってきてくれました。

「こんな着物を着る年に戻りたい~」などなど、楽しい会話になりました。

男声参加者も大歓迎です♪




ゴールデンウイーク

https://www.ashikaga.co.jp/

 

GW
今週は、合唱団の練習はお休みですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
昨日、あしかがフラワーパークに行って参りました。

アメリカCNNでも紹介されたという、

藤が見ごろを迎えています。

ご家族と足を延ばされてはいかがでしょうか?

さて、現在練習中の「おんがくかいのよる」ですが、

原作絵本について、購入希望の方は、上記のアマゾンへのリンク画像からご購入いただけます。

ネット決済が不安という方は、ご連絡ください。

 

歌うカエル

今日は、現役時代は、保育士をしていたメンバーが、


カエルを作ってきてくれました。

 

後ろをつまむと、口がうごいて歌います(笑)、
かわいいです。


何か、チラシ等でつかえますでしょうか?

現在練習中の
「おんがくかいのよる」

ねずみとかえるがテーマなので・・つかえそう♪

 

4月後半

4月後半の練習は

 

 

「おんがくかいのよる」の前半部分と後半部分に慣れる練習でした。

 

楽譜を見るだけでは、???なところも、手拍子を叩いたり、

 

確認するうちに、どこが歌いにくいのか見えてきます。

7月1日 の 美浜文化際への出演者がほぼきまってきました。

 

先生方5名と、一般団員の参加者20名の計25名となりそうです。

がんばりましょう~

今回ご紹介する写真は、稲毛で利用しているスタジオの外観です。

ご厚意により、こんな旗?がかかってるんですよ・・

(気づいている人は少ないのですけども)

 

ここは千葉の稲毛という地域を盛り上げていこう・・との活動をすべく・・・あつまった

 

いいね!稲毛・・の 副会長を務める床屋さんの榊原さんを中心にして運営が行わています。

まさしく

いいね!稲毛・・ です♪

月に一度の朝活

こんばんは、

今年の夏は、ずいぶん駆け足でやってきましたね・・
服装にこまります・・

今日は、大泉学園のスタジオでの、月に一度の朝活の日でした。


9:00-9:50  声楽家だけの時間

本日は、5名 ピアニスト1名にて

この夏公演予定の 

「おんがくかいのよる」と

1600年頃の合唱曲である

FINE KNACKS FOR LADIESの譜読み練習を行いました。

このメンバーは、指導に行く事もあるので、7月までの課題曲である「おんがくかいのよる」どの部分に気を付けながら、
どのように指導するかを確認しながら練習を行いました。


10:00-11:45頃まで 一般と音楽家による時間
いつもの日本語の曲を歌うグループとは内容が違い、
基本的にクラシックの宗教曲を原語で歌う、、

フェリーチェクラシックとして練習しています。

本日の出席者は18名の一般

4名の声楽家 1名のピアニストにて


パレストリーナのミサブレヴィスの一曲目

フォーレ「レクイエム」1曲目と7曲目の練習を行いまいした。
前回までに、言葉と音程は確認していたので、
本日は、技術的にどう歌うと歌いやすいか、という点に重点を置いた練習を行いました。

最高齢は85歳の男性

年齢を聞くまで、そうは見えないし、そうも聞こえなかったので、真剣にびっくりしてしまいました。

来年のどこかに設定するイベントにて、みんなで演奏予定です。


声楽家も、一般の方も興味のある方はご連絡ください♪

4月1週目

7月1日 と 7月28日 まで

 

「おんがくかいのよる」を重点的に練習しています。


一週目の練習内容は、
昨年11月に先生方が初演を行った時の録音を聴ききながら、
楽譜全体を確認し、旋律の確認や、グループによりハーモニーパートの練習などを部分的に行いました。