11日 11月 2018
芸術の秋、この土日は各地で文化行事が行われています。 11月10日は、春日部市武里の文化祭に出演してきました。  We sang at local cultural festival. 各所から希望者があつまり、25歳(?)から86歳の29名 で歌ってきました。 This time, we sang with 29 people from 25 years old to 86 years old. 始めて、一般団体として公開演奏を行いました。...
05日 9月 2018
6月~7月と 飯田先生が講師を務めた 船橋勤労市民センター主催講座の参加者から有志が集い、 サークル名「歌声フレンズ」の活動が始まりました。 合唱団フェリーチェとしての活動ではなく、 愛唱名歌という曲集を使用して、 楽しく歌ったり、発声を学んだりといった内容です。 知らない曲や、ハーモニーなどを繰り返して練習したりといった内容ではなく、...

01日 9月 2018
フェリーチェを指導する音楽家は、フェリーチェの活動だけではなく、 様々な公演出演や、参加など多様な音楽活動を行っています。 ホームページの更新を行う事がなかなかできないので、 全ての活動をご紹介するのは難しいのですが、 今日は、一つご紹介します。 9月20日 東京シモンコーラス が主催する...
01日 8月 2018
本は前期のイベントとしての合唱練習会を 6月1日にさいたま市内 7月31日に千葉市内で実施しました。 今回、千葉市内の団員さんを中心に 初めて千葉市内での合同の音楽会となりました。 普段とは違って、ホール&大人数での音楽会 皆さんの歌声がとても美しく響きました みなさんまた元気にお会いできるといいですね!

15日 7月 2018
前述の記事で使いましたが、このヘルツの音は何かというと、 演奏会時にオーケストラがラの音で合わせる事が多いヘルツ数です。。 この音の一オクターブしたのラは、221ヘルツ、その更にしたは110ヘルツ前後と、 オクターブ事に倍に倍に変わっていくの周波数の決まり事です。 周波数に関しては、昔から様々な研究や、主張が行われてきました。...
14日 7月 2018
楽譜が苦手という方は、世の中にたくさんいると思います。 でも、苦手な理由はシンプルです。 音がわからない 拍がわからない リズムがわからない の要素しかないからです。 楽譜は、音の高低を表しているので、 例えば、ラの音を見てラの音を出せるかという問題がまずあります。 ピアノであれば、鍵盤の位置、楽器であればラの音を出すための指使い...

29日 6月 2018
私たちの合唱団は、定期演奏会やコンクールに出場といった活動はほとんど行っていません。 ただ、有志による各所への出演や、ホールを借りての練習会は不定期で行っています。 ホールでの練習会は、埼玉や東京ばかりでの実施でしたが、 千葉県内でのグループや参加者が増えてきた事や、、 千葉の方が埼玉にて参加するには...
09日 6月 2018
ホールを借りて行った練習会の模様と録音です。 写真は、前日の打合せから当日の模様を抜粋です!♪ 80代以上の参加者が過去最多(?) もちろん若い世代も男性の参加者も増えてつつ60名位での演奏です。 ハーモニーなんて・・、音楽なんて40年ぶり!という方々から始まったグループですが、...

07日 6月 2018
合唱や歌唱を目的とした発声訓練を受ける中で、 高音が出ない!!という方はたくさんいます。 長年、合唱をやっていたような方も、高音はでない。という方がいます。 ただ、声楽という分野な中では、低音は素質、高音は技術と言われる事が多いです。 つまり、端的に言うと高音は出ないというのは、その方法を知らないだけです♪...
06日 6月 2018
本日、船橋勤労市民センター主催で、 飯田先生が指導する全8回の講座が始まりました。 (水曜日午後のグループは、この関係で二か月間、飯田先生がいけません・・・ 誰ですか・・あ~よかった~、気軽に歌える!・・・っ思ったのは(笑)) あいにくの雨・・、というか、梅雨入り日でしたが、 30人の参加者中29名が参加し、 お休みはたった1人、...

さらに表示する