先生方の紹介


声楽家


飯田康弘

現幕張総合高等学校(旧幕張西高等学校)にて作曲専攻に在籍し、作曲法、和声法、対位法などを学びながら、同校合唱部に所属し声楽を始める。愛知県立芸術大学、武蔵野音楽大学大学院を声楽専攻にて修了し、その後、二期会オペラ研修所マスタークラスを修了。イタリア・フィレンツエ、オーストリア・ウイーンに各2年弱滞在し、オペラの研鑽、コンサート出演、教会合唱団の指揮などの経験を積んだのちに帰国、二期会「ラ・トラヴィアータ」「ウリッセの帰還」、徳島県文化振興財団主催「浄瑠璃」、「ひかりのゆりかご」などの国内でオペラソリストとして出演した。現在は演奏活動の他に、合唱指導者としても活動している。近藤伸政、ロレンツォ・サッコマーニ、ユリア・ハマリ、マルチェッラ・レアーレ、
                    オルガ・ワルラ・コロ、ジュゼッペ・コスタンツオの各氏に師事。二期会正会員・代議員


畠中海央

 

 東京都立芸術高校音楽科卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に同声会賞受賞。同大学大学院修士課程オペラ科修了。第57回瀧廉太郎音楽祭 全日本高等学校声楽コンクール第3位。2013年ボストンに渡り、Longy音楽院オペラ科にてDiplomaを取得。同音楽院Honors Competition 2015にてWinnerに選ばれる。オペラでは藝大オペラ第56回定期公演「イル・カンピエッロ」ガスパリーナで日本国内デビュー。2014年「スペインの時」コンセプシオンでアメリカデビュー。また、Trentino Music Festivalに参加し、「ダイドーとエネアス」ダイドーでイタリアデビューを果たすなど、多数のオペラに出演している。三縄みどり、Donna Roll、Robert Honeysuckerの各氏に師事


小林美央

 

 福島県会津若松市出身。昭和音楽大学声楽学科卒業後、渡英。英国王立音楽大学Graduate Diploma修了。第5回東京国際声楽コンクール一般部門入選、地区大会優秀賞(仙台)。これまでにイギリス歌曲を中心としたリサイタルや、イギリスのオペラ作品にも出演している。二期会バッハ・バロック研究会会員(会友)、NPO音楽センター櫻の会会員


竹田朋子

 

 洗足学園大学声楽科卒。声楽を大里洋子 、エレーナ オブラスツォワ 、オリヴェラ ミリャコビッチ、鮒田純子、畑きみ子に師事。横浜ヤマハ新人演奏会に出演。ウクライナ五重奏団来日の際、サントリーホールのウクライナ大使館主催コンサートにて共演。教会オルガニスト、聖歌隊指導、よみうり文化センター自由が丘の講師を経る。 現在は小学生から大人まで、合唱指導、声楽講師をしている。

  


関 恵美


3歳のころよりピアノを始め、音楽高校を経て、愛知県立芸術大学声楽家を卒業する。名古屋のケーブルテレビでアナウンサーを務める。その後、ニューヨークにて語学、JAZZを学ぶ。帰国後、音楽活動他、進学塾英会話講師を務める。 現在、アナウンサー業、自宅音楽教室とカルチャーセンターにて子供から大人まで指導している。


鈴木智士

 

浜松学芸高等学校音楽科トロンボーン専攻卒業。国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽専修卒業。

(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第30期マスタークラス修了。声楽を佐藤安子、山下浩司の各氏に、指揮法を後藤正樹氏に師事。

これまでに、数々のオペラに出演。宗教作品ではプッチーニ作曲「グローリア・ミサ」のバリトンソロを務める。

近年では、アニメ・ゲームその他サブカルチャー、ポップカルチャーを扱う演奏団体でマルチプレイヤー及び指導者として活動を重ねている。  


ピアニスト


加藤識実

 

武蔵野音楽大学及び同大学院修了。

第4回日本演奏家コンクール第3位、第15回ヤングアーチストピアノコンクール銀賞等受賞。これまでにソロリサイタル、オーケストラとの共演の他伴奏も多く、N響メンバーとの共演や、二期会ブロック活動等を行う。2013年フルートとピアノの為の「旅人」をCDリリース。郡山女子短大音楽科に勤務後、現在は埼玉在住。